青稜中学校・高等学校

spMenu

学校行事

2021年03月19日

【中学校】2020年度 卒業式

3/13(土)、中学校の卒業式が挙行されました。

 

卒業する生徒たちは、コロナ禍で失った様々な行事を一つでも取り戻したいと、昨秋、学級委員を中心にオリジナル企画「スポーツフェスティバル」を提案し、見事成功に導いた学年です。
卒業生総代の生徒は「学校行事を一つ作り、やり遂げる事は、大変な事だった。でも、こういう状況だからこそ、ゼロから自分たちで考え、制限のある中で何が出来るのか相談し、選び、作り上げる事が出来た。コロナ禍で社会に起きた変化を否定的にだけ捉えるのでは無く、前向きに捉えて進んでいきたい」と振り返りました。
思い立った事を一緒に実行出来る仲間がいること、思い出を作りたいと願う友人がいることを、教職員一同心から嬉しく思うと同時に、その柔軟性と行動力に頼もしさを覚えました。

 

彼らの義務教育は、この日をもって終了となります。
「土を耕し、種を蒔き、水をまく時期は終わりを迎える」「大学受験の変更やコロナ禍による社会経済の変動など、そうした変わりゆく社会をどのように生きるのか。これからはそれを、自分で考え、選び、進まなければいけない」と壇上から語りかける校長。
それを聞く卒業生たちの凛とした顔付きと、希望に満ちた表情からは、空に向かって伸びゆく準備が整っていることを、強く感じ取れました。

 

さあ、いよいよ新しい挑戦の始まりです。
「青稜を選んでくれてありがとう。大切な青春を過ごしてくれてありがとう」
3年後、再びそう伝える事ができる日を楽しみに。