青稜中学校・高等学校

spMenu

入試関連

2020年05月02日

【中学校】4/29 実施「オンライン説明会」でのご質問への返答

オンライン説明会のQ&Aでお答えできなかったご質問への返答

 

オンライン説明会へのご参加、誠にありがとうございました。なお、「Q&Aコーナー」では多くの方にご質問頂きましたが、すべてにお答えすることができませんでした。

つきましては、お答えできなかったご質問に関しては、この場で回答させていただきます。

 

 

Q. 新型コロナウィルス感染症に対しての対策は?

 

現在、新型コロナウィルス感染症が全世界で拡大しております。本校では「生徒の安全の確保」を最優先とし、早期に完全休校の判断をし、現在に至っています。その状況は変わらず、生徒の安全が確保できないようであれば、引き続き休校措置を延長していく考えです。今後の対応については、国や自治体の判断を参考にしながら調整はしていきますが、「生徒の安全が最優先」という方向性は決して変わりません。

その間の生徒の学習機会は、通常の時間割に準じたオンライン授業、Google Classroomを用いたホームルーム単位での生徒のケア、スタディサプリを用いた学習管理や課題配信など、さまざまな取り組みによって確保しております。

なお、新型コロナウィルス感染症についての対応につきましては、このホームページにて、今後も情報を発信していきたいと思います。

 

 

Q .普段からの防災教育や危機管理体制はどうなっているか?

 

震災・火災を想定した避難訓練を毎年実施することに加え、不定期に外部講師を招いた講演会なども開き、生徒の防災意識の啓発にも努めています。また、災害時は校内で作成しているマニュアルにしたがい、全教員で生徒の安全を確保する体制を整えています。

また、有志ではありますが、東北震災以来、毎年(今年度は年内に延期予定)実施している「東北研修」も、生徒自身の防災意識を高めるきっかけにもなっています。

 

 

Q .帰国入試の学力試験は、一般入試より難しいか?

 

本校では、生徒の「多様な個性」を担保するという観点から、さまざまな形で海外体験をした生徒を、別途、帰国生として受け入れています。そのため、帰国入試の試験はあくまで「学校の授業についていけるか」という目的のために実施します。また、試験時間が各教科40分と一般試験より10分短いため、難易度は一般入試と比較するとほぼ同等もしくは若干、解きやすくなる傾向にはあります。ただ、帰国入試の過去問題は公表していませんので、現在は本校の一般入試の問題を解いていただくことをお勧めしております。

なお、帰国生入試につきましては、今月の中旬に『帰国生対象オンライン説明会』を実施する予定です。詳細は後日HPにてお知らせいたします。

 

 

Q. ポーランドの修学旅行はどれくらいの費用がかかりますか?

 

本校ではグローバルな視点での「平和教育」の一環として、ポーランドでの修学旅行を高校2年次に実施(沖縄との選択制・希望者多数の場合は選考)しております。

費用は、50万円程度で実施できるように計画しておりますが、レートなどの影響から多少の変動がございます。昨年度は31万円での実施となりました。

 

 

Q. 進路実績について

 

大学進学実績につきましては、準備ができ次第、本校HPにて掲載いたしますので、そちらをご参照ください。

 

 

 

以上になります。まだ、お答えしきれていない部分もあるかもしれませんが、上記以外のご質問にも、お電話でのお問い合わせ(03-3782-1502)も受け付けております。何かご不明な点等ございましたら、遠慮なくお問い合わせください。