青稜中学校・高等学校

spMenu

学校行事

2019年03月31日

【中学校・高校】東北研修 2日目

東北研修最終日。

女川中学校の生徒たちが発案し、実現までこぎ着けたという「いのちの石碑」。

その碑を前にして、当時からプロジェクトを支えている阿部先生のお話を伺いました。寒の戻りともいうような底冷えのする朝でしたが、生徒たちは寒さも忘れて熱心に聞き入っていました。

その後、5月下旬にようやく町開きを迎えるという閖上に赴き、震災当時の状況を伝えてくれる語り部の方のお話を伺いました。時には目に涙を浮かべながら、真剣に話に耳を傾けている生徒たちの姿が印象的でした。

津波の到達点の高さで建立されているという慰霊碑を前にして、その高さに圧倒されつつ、全員で黙祷を捧げました。

この慰霊碑は、震災により犠牲になられた方が天に昇っていくイメージを表すと共に、震災を克服し、復興に向けた決意を新たにする気持ちを込め、「種の慰霊碑」から発芽した「芽生えの塔」が上へ上へと伸びていく姿を表現しているのだそうです。

また、昨日、除幕されたばかりという皇太子ご夫妻の歌が刻まれた石碑にも「これを紹介するのは君たちがはじめて」と言って、案内してもらい、まさにリアルタイムで「復興」を体験しているのだと実感しました。

研修は本日が最後ですが、引き続き、被災地の復興を見守っていきたいと思います。