青稜中学校・高等学校

spMenu

学校行事

2021年03月12日

【高等学校】2020年度 卒業式

3/10(水)、高等学校の卒業式が挙行されました。

 

緊急事態宣言の延長により、保護者の皆様には別会場にてモニター観覧して頂く形となりましたが、子どもたちの節目の行事は可能な限り実施したいという学校としての思いは、皆様にしっかりとお伝えできたのではないかと感じております。

 

約1年前に発出された緊急事態宣言以降、様々な学内行事が中止となりました。その全てが、生徒たちにとって、友人との大切な思い出となるはずのものでした。仕方がない事ではありますが、その喪失感は、彼らにとって大きなものだったことでしょう。

 

しかし、卒業生代表の生徒は答辞でこう語りました。

 

「コロナ禍で友達と会う事すら難しい時期が続き、行事も沢山なくなった。普通にみんなと笑い合えていたあの日常こそが、本当は特別な事だったんだ。そして、そう思える人との繋がりを育む環境が、青稜にはあった。」

 

現実を受け止め、自分で考え、自分で選び、健やかな感受性を持って巣立って行く卒業生の姿を目の当たりにして、頼もしさを感じ、誇らしく思いました。

 

校長は生徒達に「卒業後も挑戦を続け、社会に変化を生み出す側であれ。優しさを忘れず、人を惹きつける人間であれ」という言葉を贈りました。

 

その言葉を彼らなりに胸に刻み、少し迷った時に思い出し、大きく強く羽ばたき続けてくれるなら、こんなに嬉しい事はありません。

 

「3年前に青稜を選んでくれてありがとう。青稜で青春を過ごしてくれてありがとう」

 

校長は式辞をこう締め括りましたが、私たち教職員一同も、同じ想いを胸に、卒業生達を送り出しました。