青稜中学校・高等学校

spMenu

部活

2019年07月03日

【高校男子ソフトテニス部】 北海道ハイスクールジャパンカップ

6月19日~23日にかけて第48回ゴーセン杯争奪ハイスクールジャパンカップが北海道札幌市円山庭球場で行われました。

 

各都道府県の春の大会を優勝したペアが北海道に集結し、日本一を争うソフトテニス界の甲子園と呼ばれている全国大会に、東京都予選を優勝した510 塩田 健祐・507 渡辺 匡ペアが青稜高校として初出場を果たしました。

 

本来は3ペアのリーグ戦( 愛知県代表:愛知産業大学大三河高等学校、南北海道代表:北海道科学大学高等学校、東京都代表:青稜高等学校 )からトーナメントという流れでした。

しかし試合当日は、朝から落雷と激しい雨の影響で日程がずれ込み、初戦からトーナメントという形式に変更になりました。

 

試合内容( 1回戦:北海道科学大高等学校戦 )は、青稜ペアが1ゲーム目を4-0で奪い、入りの良い展開にはなりましたが、3ゲーム目を0-3の展開から追いつきながら奪えず、4ゲーム目を3-0リードの展開から奪われ、G1-3の相手リードという苦しい展開となりました。ただでは終われない青稜ペアは、5ゲーム目で塩田がシュートボールで攻め、相手ミスを誘い、G2-3、6ゲーム目を渡辺が果敢に仕掛けてG3-3に追いつきました。一進一退となったファイナルゲームはF2-3から相手前衛に仕掛けられ、ジリジリと引き離される展開となり、最後は塩田のシュートボールがバックアウトしてF3-7で敗れました。

大会を引率・観戦して、二人は東京都代表として恥じない戦いをしてくれた、結果としては敗れたが、つまらないミスなどが少ない内容の濃い試合であったと思います。出場することさえ難しいとされているハイスクールジャパンカップに、2年生ペアとして出場を果たし、臆することなく戦った二人は立派でした。二人の気持ちはすでに7月の宮崎インターハイへ向いています。今回の経験をインターハイで活かせるように残り1か月しっかり準備していきたいと思います。

多くのご声援ありがとうございました。結果は以下の通りです。

 

《 個人戦 》

1回戦  塩田・渡辺 3-④ 増田・蛯名 北科大高( 南北海道代表 )

( F 3-7 )